<全国高校野球選手権:中京学院大中京6-3作新学院>◇18日◇準々決勝

勝負どころでの投手交代が、中京学院大中京に流れをもたらした。

0-3で迎えた7回2死一、二塁。初回に3ランを打たれた作新学院・石井を迎え、橋本哲也監督(55)が動く。2番手の元に代わり、赤塚を送った。身長193センチ、最速148キロの右腕は、持ち球がほぼ直球だけ。3回戦の東海大相模戦では、全31球のうち、唯一の変化球であるスライダーは1球しか投げなかった。

「香車」の赤塚に対し、石井は「直球に張っていました」。初球、2球と直球でボール、ファウル。3球目、初めてスライダーが来た。甘かったが「打ち損じました」と悔やむ左飛に終わった。直後に2失点。8回に4失点で逆転され、作新学院・小針崇宏監督(36)は「勝負のポイント。チャンスは来てたが、ものにできなかった」と言った。

継投について、橋本監督は「これまで同様、早め、早めの切り替えでやった」とだけ話した。7回の攻撃で赤塚に代打。ワンポイント起用とした。8回からは右翼に回った元を再び送り、逆転勝ちを呼び込んだ。

外野守備に就け再登板の選択肢を残し、小刻みに代えていく。終盤の派手な逆転劇の背景には、守りながら攻める積極策があった。

東海大相模戦でもそう。1-2の6回2死二塁。右の強打者、西川。ここで左腕不後に代え、右下手投げの村田をワンポイント起用した。緩い110キロでタイミングをずらす二ゴロ。適時失策となったが、強いスイングが売りの西川を封じた。直後の7回、一挙7得点で逆転勝ち。敵将の門馬監督は「アンダースローは想定外」。西川も「対応できなかった」と認めた。

15年就任の橋本監督はNTT西日本でコーチ、監督、GMを歴任。都市対抗9度の経験をもつ。「社会人は投手を代えると打たれることが多い」と違いを口にするが、シビアな一発勝負の世界で磨かれた勝負勘が光る。こうも強調する。「代わる姿勢を意識させます。『交代かよ』ではなく、次の人に、はつらつとバトンを渡せるように」。臨機応変のタクトに選手が応え、関東の実力校を鮮やかに連破した。【古川真弥】