久しぶりに「大阪桐蔭タッグ」が実現した。メジャー1年目を終えた藤浪晋太郎投手(29=オリオールズFA)とオリックス森友哉捕手(28)が9日、くら寿司スタジアムで行われた野球教室「第1回 夢道場」に参加した。

主催は森の専属トレーナーで、大阪桐蔭時代にともにプレーしていた久米健夫さん(28)。久米さんの「地域の少年野球の野球振興に貢献したい」という思いに2人が共感。故郷の大阪・堺市で野球教室での初タッグが実現した。

藤浪は「やっぱり地元でできるのはうれしいですし、少年野球も盛んな地域ではあるので、そういう場所を選んでもらったのはありがたいと思う。せっかくなんで少年野球のみんなに楽しんでもらえるようにしたいと思う」と喜んだ。森も「オリックスに来て大阪の地で野球をすることになって、それもなにかの縁かなと。それと堺市を盛り上げたいという思いで今回やらせてもらおうかなと思います」と地元貢献への思いを話した。

今回は全国の小学5、6年生約150人が参加。2人も小さい頃に参加した野球教室の思い出が今も残っている。藤浪は「清原さんとか、桑田さんとか、京セラドーム大阪であって、その方々に教えてもらったのは今でも覚えています」と思い返した。森も「大西さんの野球教室というか、そういうのに行ってバットをもらったっていう、それがすごい思い出ですね」と振り返り、今もバットは実家に大切に置いてあるという。

教えてもらった野球の楽しさを今度は子どもたちへ。藤浪は「野球楽しいなと思ってもらえるきっかけになればいいかなと思ってます」。森も「うまくなるにはまず野球を好きにならないといけないので、しっかり楽しんでもらおうかなと思います」と優しい笑顔を見せた。