前作公開から14年、スーパーヒーロー一家を描いた続編。14年もたった気がしないのは、続編の冒頭が前作のラストの部分とがっちりつながっているからか。そうそう、こんな感じの敵出てきたところで終わったんだったなと、あっという間にインクレワールドに戻った。

 スーパーヒーローたちの活動は法律的に禁止、という状況も変わっていない。しかし、こっそりヒーロー活動を始めるのが、夫ボブのMr.インクレディブルでなく、妻ヘレンのイラスティガールというところが今っぽい。

 ボブは子供たちの面倒を見て家事にいそしむ。最初はヘレンの活躍が悔しくて、嫉妬を隠しきれないのだが、子育てが大変すぎて、嫉妬どころじゃなくなるのもおもしろい。スーパーヒーローたちを取り巻く環境や設定、思想と言ってもいいくらいの黒幕の思惑など、続編はけっこうな大人向け作品だ。

 末っ子のジャック・ジャックが、最強で恐ろしいくらいのスーパーパワーを発揮する。彼のコントロールと成長が、シリーズの楽しみにもなりそう。続編は14年後と言わず、もう少し早めにお願いします!【小林千穂】

(このコラムの更新は毎週日曜日です)