8日に放送された波瑠(27)主演の日本テレビ系連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」(土曜午後10時)の第8話視聴率が7・4%(関東地区)だったことが10日、ビデオリサーチの調べで分かった。

初回視聴率は10・4%、第2話は10・8%と連続2桁だったが、第3話は7・6%、第4話は7・8%、第5、6話はともに9・1%、第7話は9・7%だった。

同作は、作家大橋弘祐氏の小説「SURVIVAL WEDDING」を原作に映像化した痛快ラブコメディー。波瑠演じる主人公黒木さやかは、勤務していた出版社を寿退社した日に婚約破棄されてしまう。そんな彼女を「半年以内に結婚しないとクビ!」のむちゃな条件で復職させたのが、伊勢谷友介(42)演じる人気雑誌の毒舌でナルシシストな敏腕編集長宇佐美博人だった。

さやかが仕事で出会う年下イケメン王子柏木祐一を吉沢亮(24)。さやかに浮気がばれて逆ギレした末に、婚約破棄を言い渡す恋人商社マン石橋和也を風間俊介(35)が演じる。

第8話は、婚活コラムでさやかの婚約破棄が母・美恵子(財前直見)にバレてしまい、美恵子がriz編集部に突然現れる。だが、宇佐美編集長から「あと連載1回の間に結婚できる」と聞き、ひとまず納得し、さやかの状況を見守ることにする。

だが、さやかにはその自信がない。宇佐美編集長は「目的に忠実になれ。不要なものは切り捨てろ」とアドバイスし、祐一との関係を確認するように命令した。

気持ちが揺れるさやかだが、祐一が自宅まで送ってくれた際、美恵子と鉢合わせする。ハイテンションで祐一を質問攻めする母に、祐一の気持ちを確認するどころか、母に厳しく当たってしまう。

さやかは翌日、偶然母に会った和也から、母の親心を聞かされる。父・惣一(生瀬勝久)との関係に悩む祐一に背中を押され、母に謝罪すべく空港に向かうさやか。母と宇佐美から元気をもらったさやかは、あらためて祐一の気持ちを確認する、という内容だった。