漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2020」で優勝したお笑いコンビ、マヂカルラブリーの野田クリスタル(34)が、自身らの披露したネタがネット上で物議をかもしていることを受け、コメントした。

同コンビは「Mー1」2度目の決勝でリベンジを果たして第16代王者となったが、正統派の“しゃべくり”漫才ではなく、派手な動きで笑いを誘うネタだったことから、ネット上では「あれは漫才なのか?」と疑問の声があがり、議論が巻き起こった。

賛否の声があがる中、野田は22日にツイッターを更新。「なんにせよ、批判されてる方々、擁護していただいてる方々、いろいろご迷惑をおかけしております!」とわび、「来年は満場一致のチャンピオンが生まれますように!」とつづった。