ジャックドール(牡5、藤岡)は武豊騎手と呼吸を合わせ、5ハロン68秒9-12秒1で函館芝コースを駆け抜けた。鞍上は終始、白い歯を見せながら「すごくいい。さすがだなという感じ。一流馬の動きでした」と絶賛。連覇へ向け、文句のない仕上がりだ。

安田記念は仕上がりすぎの感じもあったが、今回は違う。「フレッシュだし走りたくてうずうずしているけど煮詰まっていない。ちょうどいいと思う。ここは結果を出したい」と好感触を得ていた。