鶴竜が陸奥部屋の一員に 稽古場に「早く立ちたい」

昨年11月の九州場所限りで引退した元前頭里山の引退、年寄佐ノ山(38=尾上)襲名披露大相撲が28日、東京・両国国技館で開催された。

    ◇    ◇

横綱鶴竜が名実ともに陸奥部屋の一員となった。引退相撲で横綱白鵬との結びの一番を前に、しこ名に続き「モンゴル出身」という従来通りのアナウンス後「陸奥部屋」と呼び上げられた。

井筒親方(元関脇逆鉾)の死去に伴い、前日27日に転属を承認されたことが発表された。鶴竜は「今日で完全に、ですね。(転属先は)みんなで話して決めた。陸奥部屋の稽古場に立ったことはない。早い段階で立ちたい」と話した。