SKE大場美奈、初主演舞台「新たな感情生まれる」

SKE48大場美奈(27)の初主演舞台「ハケンアニメ!」が12日、クール・ジャパン・パーク大阪・TTホールで初日を迎えた。

アニメ制作会社の新入社員を演じる大場は「舞台を見てから自分の好きなアニメを見たら『こうやって作られているんだ』と新たな感情が生まれると思う」。

大阪観光はまだできておらず「吉本の本社で仕事をして、周りがガヤガヤしてるのは感じた。いろんなところに繰り出したい」。食べたいものは「たこ焼き、うどん、お好み焼き、串カツ。みんなが食べているものは全部食べたい」と話した。

大場は台風19号による被害を心配した。「名古屋の家は何の対策もしていない。この規模の台風は誰も経験していないと思うので、自分の身を守ってほしい。浸水とかしたら大変」と呼びかけた。

天才アニメ監督を演じる小越勇輝(25)は吉本新喜劇を初めて生で観劇したことを明かした。「お客さんの一体感と空気感に『大阪ってこれだな』と思った。すごい温かい気持ちになった。そういう気持ちになってもらえるように自分も一生懸命務めようと思う」と意気込みを語った。

大阪公演は16日まで。東京公演は紀伊国屋ホールで31日から11月14日まで。

その他の写真

  • 「ハケンアニメ!」のゲネプロを行った大場美奈(撮影・星名希実)
  • 「ハケンアニメ!」のゲネプロを行った大場美奈(手前)(撮影・星名希実)