ジャニーズJr.3ユニットが初の合同コンサート

ジャニーズJr.内のユニット、Snow Man、Travis Japan、なにわ男子が26日、さいたまスーパーアリーナで、合同コンサート「ジャニーズIsLAND Festival」を開催した。

3グループによる合同コンサートは初めてで、なにわ男子が関東でコンサートを行うことも初。総勢23人が出演し、全32曲を披露した。25、26日の2日間3回公演で6万3000人を動員した。

この日、ジャニーズJr.として00年10月以来、19年ぶりに単独東京ドーム公演を行うことが発表された。関東、関西合わせて300人以上の“オールJr.”が参加する見込み。Travis Japan宮近海斗(21)は「デビューした先輩たちが目指すところ。感激です」。昨日ドーム開催を知らされたという、なにわ男子の西畑大吾(22)は「ドームってどれくらいの大きさなんだろう」と実感が湧かない様子で話した。

プロデューサーの滝沢秀明氏(37)は、単独ドーム公演を「最初に掲げた目標」と明かす。19年前、黄金期のJr.を率いて初ドームを経験した。「Jr.でもドームに立てるパワーがあると信じていた。あの景色をJr.たちに見てもらいたい」。

1月のプロデューサー就任以降を「勝負の半年」と位置付け、Jr.の露出度を増やすなど認知度向上に努めた。開催は「僕の覚悟でもある」と決意をにじませ、「ここから挑戦が始まる。8月8日が全てだと思っています」と語った。

Snow Man岩本照(26)は「先輩のバックではなく、メインで立てる日が来た。ここから先20年、お預けにはさせない」と毎年開催に向け力を込めた。

また、Snow Man、Travis Japanのコンサート「Summer Paradise 2019」(東京ドームシティホール、7月27~8月28日まで)、SixTONES、Snow Man主演舞台「少年たち」(日生劇場、9月7~28日まで)、Tavis Japan主演舞台「虎者-NINJAPAN-」(11月)、なにわ男子出演の舞台「少年たち」(大阪松竹座、8月)が行われることも発表された。

その他の写真

  • ライブするで熱唱する、なにわ男子(撮影・鈴木正人)
  • ライブする上段はなにわ男子、中段はSnowMan 下段はTravisJapan(撮影・鈴木正人)