岡本社長Q&A要求も「会社のことで隠すことない」

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、都内で、宮迫博之(49)田村亮(47)らによる反社会勢力を相手にした闇営業問題に端を発した一連の騒動について、記者会見を開いた。

宮迫・亮会見で明らかになった「引退会見のQ&Aを練習するので応じるなら戻ってください」発言の意図は、「弁護士との向き合いになってしまった。彼らが記者会見を開くにあたって、スタッフがどういう形で何をやっていくかを話すのは普通のこと。弁護士との向き合いで、そういうニュアンスになってしまった」と説明した。

「会社主導の会見になってしまう」と感じたのは宮迫の誤解があったということなのだろうか。「そうですね。我々としてはすれ違いというか、寄り添えなかったと思う。反省します」と話した。

また、「2人に自由に発言されては困ることがあるのか」には、「会社のことで隠すことはまったくない」と明言した。「会社以外のことや謝り方で普通の作業だと思っていたことを伝え切れなかった」と強調した。

今後、会見をしたいメンバーが出た場合は「すでにメッセージを発したいという声もある。謹慎中の中でどうおわびするのかは現場がミーティングしている。伝えたいことがある子たちははすみやかにやっていく」と話した。