水卜麻美アナが完走 目潤ませ「最高に楽しかった」

日本テレビ「24時間テレビ42」で、24時間駅伝チャリティーランナーの第3走者を務めた同局の水卜麻美アナウンサー(32)が25日午後2時15分過ぎ、42・195キロを6時間09分48秒で完走した。

気温31度の中で走った水卜アナは、タスキを渡すアンカーのいとうあさこ(49)が見えると涙目に。いとうと抱き合って喜び、「最高に楽しかったです」と第一声をあげた。「人と人というテーマがこんなに感じられるのが、この駅伝なんだな、と。沿道の人も、メッセージをくれた人も、みんな24時間テレビを見てくれていたりして、チャリTシャツ着てくれて、今何キロくらいだよ~って応援してくれて、その方たちの顔を近くで見られたのが本当にうれしかった。本当にありがとうございました」と、目を潤ませ続け、心地よい疲労感と充実感のある笑顔を見せた。

水卜アナのチャリティーランナー参加は前日24日の番組開始後に発表されていた。2カ月前から準備し、265キロを走ったという。

ここまで、第1走者ハリセンボン近藤春菜(36)が32・195キロを5時間41分2秒で完走。24日深夜2時10分にタスキを受けた第2走者ガンバレルーヤよしこ(28)も同距離を5時間58分で走りきり、25日午前8時過ぎ、水卜アナと抱き合いながらタスキリレー。アンカーのいとうは水卜アナと同じく、42・195キロを走る。

水卜アナは今後体調に異変がなければ、26日午前8時からのレギュラー情報番組「スッキリ」も、通常通り出演予定という。

その他の写真

  • 24時間駅伝で泣きながら、いとうあさことタスキリレーする日本テレビ水卜麻美アナウンサー
  • 24時間駅伝で泣きながら、いとうあさことタスキリレーする日本テレビ水卜麻美アナウンサー。右から祝福するガンバレルーヤよしこ、近藤春菜
  • 24時間駅伝でアンカーとしてスタートする、いとうあさこ(手前)。後方はタスキリレー後に座り込む日本テレビ水卜麻美アナウンサーに手をさしのべる、右からガンバレルーヤよしこ、近藤春菜
  • 24時間駅伝で完走した日本テレビ水卜麻美アナウンサー(手前左)を祝福する、右からガンバレルーヤよしこ、近藤春菜