misono、病名公表に批判の声も「良かった」

歌手のmisono(34)が、メニエール病を公表したことで一部ネット上で批判の声があがり、「そうじゃないんです」と反論して真意を説明した。

misonoは15日、ブログを更新。7日に放送されたフジテレビ系「ノンストップ!」の番組内の企画で密着取材を受けたVTR内で、メニエール病を公表したことで大きな話題となり、ネット上では「自分が注目されて喜んでるmisono。だから嫌われるんだよ」「たかがメニエール病で大騒ぎしすぎ。さすがはmisono」などといった批判コメントも書き込まれたという。

しかし「そうじゃないんです」とmisono。放送された密着取材のVTRのメインは、あくまでも夫Nosukeの精巣がん闘病で、「精巣がんを知らない人が多いのでNosukeの存在が拡散されてガン保険に入る人や早期発見にも繋がるから」などの思いから取材を受けたという。

また、自身がメニエール病を公表したことについても「メニエール病になってからじゃ遅いからメニエール病になる前に『気をつけて下さい』と呼びかけられたこと」「メニエール病で苦しんでる人は結構いるのに 自分の周りも酷い扱いを受けてるから。もちろん症状も個人差があるんだけど メニエール病の恐ろしさを知ってほしかった」と説明し、「メディアで報告して良かったです」とした。