V6井ノ原が来秋映画主演、息子に毎日弁当作る父役

V6井ノ原快彦(43)が映画「461個のおべんとう」(来秋公開、兼重淳監督)に主演することが20日、分かった。

関西ジャニーズJr.内ユニット、なにわ男子の道枝駿佑(17)演じる息子に毎朝お弁当を作るミュージシャンを演じる。

原作は、ミュージシャン渡辺俊美(52)のエッセー「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」。井ノ原演じる主人公の鈴本一樹は、長年連れ添った妻と別れ、高校に入学した息子の虹輝(道枝)に毎日お弁当を作ると約束する。ライブの翌日も、二日酔いの日も、お弁当を作り続ける。親子の絆を描いた実話だ。

既に撮影は始まっている。料理の勉強のために卵焼きを1日3個は作っているという井ノ原は「息子役の道枝くんとは本当に息子でもおかしくない年齢の差ですが、なんだか新しい友達が出来たような気持ちです」。道枝は「井ノ原さんが『ため口でいいよ。怒らないから』と言ってくださいました。いつも笑顔ですごい優しい方です」と感謝した。

その他の写真

  • 井ノ原快彦主演映画「461個のおべんとう」に登場するお弁当
  • 井ノ原快彦主演映画「461個のおべんとう」に登場するお弁当