田口淳之介、小嶺麗奈両被告に懲役6月執行猶予2年

大麻取締法違反(所持)の罪に問われたKAT-TUNの元メンバー田口淳之介被告(33)と、元女優小嶺麗奈被告(39)の公判が21日、東京地裁(長池健司裁判長)で行われ、いずれも懲役6月、執行猶予2年の判決が言い渡された。

当初、判決公判は7月30日に判決の予定だったが、検察側が期日変更を請求し延期。この日検察側は、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部が、捜索状況を記録した動画をマスコミに提供したことが分かったため、再度証拠能力があるかを検証したことを明らかにした上で、最終的には問題がなかったという。

両被告側の弁護側は、証拠について争うことはしない姿勢を見せたが、公判が結果3カ月延期したことで精神的苦痛を受けたとして、執行猶予の減刑などの情状を求めた。

2人は改めて証言台に立ち、田口は「この度、私の仕事に携わっている方々、応援してくださるファンの皆さまや支えてくださる皆さんに申し訳なく思っています。この3カ月で私の環境も変わり、支えてくださる皆さんと前に進んでいきたいと思います」。

小嶺被告は「私は公判中、(過去に)悪質な嫌がらせによって精神を病んでしまったと発言しました。しかし私が(田口の)ファンのせいにしたという記事を読んでしまい、彼の本当のファンはそんなことをしないと分かっているのに、また落胆してしまいました。ネガティブな言葉に落胆してしまう自分の弱さを再認識しました。それでも応援してくださる温かいファンの方もいらっしゃいます。そばにいて支えてくれる友人や家族がいます。私はこれから温かい言葉をかけていただけるかたに心を寄せて、私自身強くなり、一歩ずつ前進して生きていきたいと思います」と話した。

2人は判決を言い渡される際もまっすぐ裁判長を見詰めながら聞き入り、退廷する際、田口被告は1人、傍聴席に正対して、深々と一礼した。

2人は7月11日の初公判で、いずれも起訴内容を認めていた。検察側は2人に懲役6月を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求めていた。起訴状によると、2人は5月22日、一緒に住んでいた東京都世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとしている。

その他の写真

  • 小嶺麗奈被告(2019年5月22日撮影)