橋本環奈は「おっさんって感じ」共演の酒井若菜語る

GENERATIONS片寄涼太(25)橋本環奈(20)のダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の完成披露試写会が12日、都内で行われ、GENERATIONSメンバーがサプライズで登壇した。

国民的スーパースター(片寄)と普通の女子高生(橋本)の秘密の恋を描く。

イベント中メンバーが突然姿を現すと、会場はこの日一番の大歓声に包まれた。小森隼(24)から「舞台あいさつ、おめでとうございます!」と祝福されると、片寄は「知ってた?」と共演陣に思わず確認。驚きつつも照れ笑いを浮かべた。

作品を鑑賞したという白浜亜嵐(26)は「俺らにも刺さる」と共感。関口メンディー(28)は「ただのキラキラ映画じゃなくて、メッセージ性もある。感極メンディー!」と声を張った。橋本はGENERATIONSが担当する主題歌「One in a Million-奇跡の夜に-」を聞き込んでいると胸を張り、「完璧ですよ!」と笑いを誘った。

メンバーはフォトセッションにも参加し、最後までファンを喜ばせた。鳴りやまない大歓声に、片寄は「お騒がせして申し訳ありません」と謝罪しつつ、「GENERATIONSとして主題歌も担当させていただきました。この作品がいろんな人にとって大切な作品になれば」とアピールした。

イベントでは共演者の“秘密”をテーマにトーク。共演の酒井若菜(39)は、橋本について「環奈ちゃんはおっさんって感じ。まあ肝が据わってる方。撮影も引っぱってもらって、先輩の男性役者さんのように頼りになりました」と笑顔。橋本は片寄について「上半身裸のシーンで、パンプアップのために何も食べていなかった。ワンシーンに懸けるところがスターだなと思いました」とストイックさを明かした。「でも撮影ギリギリのところでみそ汁を飲んだので、そこは庶民的だなと思いました」と笑った。

共演の真栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、遠藤憲一も登壇。GENERATIONSは数原龍友、佐野玲於、中務裕太も出席した。

その他の写真

  • 片寄涼太(右)にエスコートされ階段を下りる、ドレス姿に身を包む橋本環奈(撮影・河田真司)
  • サプライズで登場し、会場を大いに沸かせるGENERATIONSのメンバーたちに少々戸惑い苦笑いの片寄涼太(左)(撮影・河田真司)