尾上菊之助、新作「ナウシカ」で増した古典への思い

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

歌舞伎俳優尾上菊之助(42)の「通し狂言 義経千本桜」(東京・国立劇場小劇場、3月3~26日)の取材会で、珍しいガッツポーズを見ることができた。

源平の争いを背景にした壮大な同演目にはさまざまなパートがあり、主人公は3人いる。菊之助は、「狐忠信」「平知盛」「いがみの権太」という主人公3役の完演に挑む。

取材会では熱い思いを存分に語った。「3役演じるのは夢でした」と言う。しかし、20代のころ女形を中心に演じてきた菊之助。あきらめそうになったことは、と問われ「実現できるのか不安でした。あきらめちゃいけないと思って、見続けてきました。こうして形にさせていただき、これがスタート。2回、3回やっていかなければ自分の芸にならない。過去の自分に、よくあきらめなかったねと言ってあげたいけど、もっと勉強しろよ、とも言いたい」と話した。

夢がかなうということだけではなく、今後を見すえた上での重要なポイントにもなるととらえている。昨年の新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」を作り上げた経験も踏まえ「先人たちが古典を作り上げた熱い思いを、新作をやることで感じました。熱い思いでやらなくては、この先10年、20年はないと思うようになりました。(義経千本桜が)これからの10年につながっていく1日1日だと思って、肝を入れて演じたい」と話した。

3役のパネルを前にした写真撮影では、自らガッツポーズをしてみせた。報道陣から請われてポーズすることはあるが、クールな菊之助にしてはかなり珍しいなと思った。昨年「-ナウシカ」に出演中、左ひじの一部を亀裂骨折するハプニングもあったが、その左腕でのガッツポーズ。リハビリも順調ということで、いろんな意味がこもったガッツポーズだった。