相葉雅紀「志村どうぶつ園」で涙「いやです…」

新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった志村けんさん(享年70)が生前、司会を務めていた日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園 特別編」が4日、志村さんをしのぶ内容で放送された。

同番組は04年にスタートし、「園長」の志村さんがチンパンジーの「パンくん」や捨て犬の「ちび」などと触れ合う人気動物バラエティー。今回の2時間スペシャルは、予定していた放送内容を変更し、生前の姿をしのぶ内容が放送された。

冒頭、“飼育係”として出演してきた嵐の相葉雅紀(37)がスタジオに飾られた“園長”志村さんのパネルを背に「志村さんが亡くなったことは信じられませんし、受け止めきることができません。いやです。悲しすぎます。志村さんの優しい笑顔が頭から離れません。僕たちは志村さんに教えていただいたことがたくさんあります。その1つ、いつもみんなを笑顔に。志村さんが安心してもお休みしていただけるように今日は、みんなを笑顔に出来るように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と涙ながらに話した。番組には“秘書”の山瀬まみ(50)、お笑いコンビ、タカアンドトシ、ハリセンボン、DAIGO(41)、滝沢カレン(27)らおなじみのメンバーが出演。

「パンくん」との名シーンなどが流れ、ゲストが志村さんとの思い出エピソードを明かした。

同番組の今後について番組関係者は「同タイトルのまま、他出演メンバーも変わらずに番組収録を続けるようです」と話している。