中村勘九郎「責任ある行動を」歌舞伎座興行再開

  • アクリル板で仕切られて会見に臨む、左から中村七之助、中村勘九郎、市川猿之助、松本幸四郎、片岡愛之助(撮影・大野祥一)

東京・歌舞伎座の舞台上で13日、「八月花形歌舞伎」(同1日初日)の制作発表会見が行われ、松本幸四郎(47)市川猿之助(44)片岡愛之助(48)中村勘九郎(38)中村七之助(37)が出席した。新型コロナウイルスの影響で3月以降休演していた歌舞伎座興行が5カ月ぶりに再開する。

幸四郎は「ついにこの日がやってきました。この瞬間を幸せに思っております。歌舞伎座で芝居ができる幸せ。存分につとめきりたい」と話した。幸四郎が歌舞伎座舞台に上がったのは、映像収録を行った3月20日。「幕が閉まった時、つらく、むなしく、切なかった。多くの人に見に来ていただける、必ずその日が来る、その日をつくらなきゃいけないんだという思いだった」と振り返った。

専門家によるチェックを受け、歌舞伎座初の4部制が取られ、各部1演目ずつ、出演者が少ない演目が選ばれた。役者らを部ごとに入れ替え、パンフレット、みやげ物などの販売はなく、イヤホンガイドの貸し出しも行わない。座席は前後左右を空け、1、2階桟敷席や花道横の数列も使用しない。1808人収容だが、823人で満席となる。

東京ではいまだに3ケタ台の新規感染者が確認されている。勘九郎は「責任ある行動を取らないと、今後の歌舞伎公演に影響が出る」と気を引き締めた。

愛之助は第1部「連獅子」、勘九郎は第2部「棒しばり」、猿之助、七之助は第3部「吉野山」、幸四郎は第4部「与話情浮名横櫛 源氏店」に出演する。