指原莉乃、地元大分のソウルフード閉店にショック

元HKT48の指原莉乃(27)が、出身地の大分県で人気の飲食店が閉店したことを報告し、悲しみをつづった。

指原は13日、ツイッターを更新。「父から悲しい報告が…」と書き出し、「私の大好きで思い出の味、大分の『ふない焼き』が閉店したそうです。。悲しいな。。」とつづった。

「ふない焼き」は、回転焼きのような見た目で、中にはお好み焼きや、たこ焼きのような具が入ったご当地B級グルメ。1個100円程度と手軽な値段も魅力で人気だったという。指原は「素朴で、でもなぜか特別感があって本当に好きだったなあ。もう一度食べたかった。。」と閉店を惜しみ、ネット上でも「え!!!ふない焼き閉店!?!?あの味がもう食べられんの!?!????信じられん…」「ふない焼きが閉店だって。ショックやね。若者を中心に小腹めしとして知らない人いないんじゃないかな」「あら、、、ふない焼き閉店とは…事情がわかんないからなんともですが、若者はみんな世話になっただろーなー。あれこそソウルフードだ」といった声があがった。