山崎怜奈「夢の倍以上」冠ラジオは帯番組!乃木坂初

  • 笑顔で意気込む乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)
  • TOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」のパーソナリティーを務める乃木坂46山崎怜奈
  • ブースの席に座る乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)
  • ガッツポーズで意気込む乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)
  • 乃木坂46山崎怜奈がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」のロゴ
  • ブース内で意気込む乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)
  • ブース内で笑顔を見せる乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)
  • ブース内で笑顔を見せる乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)
  • ブース内で笑顔を見せる乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)
  • 乃木坂46の山崎怜奈(撮影・江口和貴)

乃木坂46山崎怜奈(23)がパーソナリティーを務める生ワイド番組、TOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」(月~木曜午後1時)が、10月1日からスタートすることが22日、分かった。グループきっての「歴女」で、知的好奇心の強い「知りたがり」。このほど日刊スポーツのインタビューに応じ、抜てきされた驚きや、喜びを語った。

   ◇   ◇   ◇

ラジオのレギュラー出演経験はあるが、冠番組は初めて。しかも乃木坂46初の帯番組レギュラーだ。「最初はドッキリだと思っていました。かなったらいいな、と思っていた夢の、倍以上のものがきてしまいました」と驚いたという。乃木坂46加入前からTOKYO FMの「SCHOOL OF LOCK!」などラジオ番組が大好きだった。「ラジオに助けていただいて、育ってきました。本当に光栄です」と喜んだ。

今年3月に慶大を卒業。歴史好きの歴女で、高学歴アイドルとしてテレビ朝日系「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」などのクイズ番組でも活躍中だ。「知的好奇心が強くて、知りたがりなんですよ」。ラジオでは、23歳の等身大の声を届けながら、リスナーから知見を学ぶことも多そうだ。「純粋にいろんな人の話を聞いたりして、裏側や本音を知りたい。リスナーさんたちの価値観や考え方を吸収できるのが楽しみです」と笑った。

「物作りに関わっている人を特に尊敬していて。(デザイナーの)吉田ユニさんとか、クリエーターの方々とか、職人さんとか、いろんな方のお話を聞きたいです。あと、FM局って、『会話と音楽との調和』というイメージがあるので、私自身もたくさんの音楽と出会いたいです」

10月からは週4回、約2時間の生放送に臨む。「話が大きすぎて不安もあるんですけど、ポジティブな気持ちのほうが大きいです。これまで以上に健康第一で頑張っていきたいです」と意気込んだ。「都度、柔軟に吸収していきたいです。スポンジのように。坂本龍馬のように」。幕末にさまざまな人々と関わり、近代日本の幕開けに貢献した志士のごとく、縦横無尽に活躍していきそうだ。【横山慧】

◆山崎怜奈(やまざき・れな)1997年(平9)5月21日、東京都生まれ。13年3月加入、乃木坂46の2期生。「れなち」「ザキさん」など多数の愛称を持つ。bayfm「金つぶ」アシスタントMC。164センチ。血液型B。