高校野球選手権大会の曲を/26日エールあらすじ

NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜午前8時)は、先の戦争のシーンが終わり、主人公の裕一(窪田正孝)もふくめ、すべての登場人物が立ち直ろうとしています。裕一は自分の音楽が人々を戦うことに駆り立て、若い人の命を奪ってきたのは自分のせいだと自身を責めましたが、戦争シーンをしっかりと描いたことで、その悩みのリアルさも視聴者側に伝わってきていると思います。ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」や映画「長崎の鐘」の音楽で立ち直った裕一は、今度はどんな行動に出るのでしょうか。次回のあらすじを紹介します。

 

同期の松川(木原勝利)に声をかけてもらった智彦(奥野瑛太)は、ラーメン屋の仕事を辞めて、貿易会社に就職するのだが…。音(二階堂ふみ)はベルトーマス(広岡由里子)から、ラ・ボエームのオーディションを受けてみないかと勧められる。一方、「長崎の鐘」を書き上げ、音楽への情熱を取り戻した裕一(窪田正孝)の元に、戦時中に出会った新聞記者の大倉(片桐仁)が「全国高等学校野球選手権大会」の歌の作曲を依頼しにやってくる。