伊藤健太郎はテレビ界“追放”…一方で復帰へ動きも

  • 東京湾岸署から釈放され、一礼する伊藤健太郎(撮影・中島郁夫)

29日に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された俳優伊藤健太郎(23)が30日、警視庁東京湾岸署から釈放された。この日朝、同署から送検されていた。

   ◇   ◇   ◇

伊藤は今後、テレビ界への復帰は厳しいとの声が出ている。数々のドラマで活躍したが、民放局プロデューサーは「テレビ界への復帰そのものが難しいと思う。最近はコンプライアンスに厳しく、出演者には高い人間性が求められる。ひき逃げ容疑という態様がまずい」と指摘。別の民放局幹部は「伊藤に代わる若手俳優は何人も育っている。テレビ界から事実上“追放”状態になる可能性もあるかもしれず、復帰の道は簡単ではない」とした。一方で、伊藤の実力を買い「1~2年後の復帰をにらみ、バックアップに動き始めた芸能関係者もいる」(映画関係者)との情報もある。