渡辺謙「役者の性」初経験走る電車内での撮影に興奮

  • ドラマ「逃亡者」の制作発表会見を行った豊川悦司(左)と渡辺謙(撮影・中島郁夫)

テレビ朝日開局60周年記念ドラマ「逃亡者」(12月5日、6日午後9時放送)の完成会見が25日、都内で行われ、主演の渡辺謙(61)と豊川悦司(58)が出席した。

同作は、60年代に米ドラマ版が放送され、93年にハリソン・フォード主演で映画化されたハリウッド大作をリメーク。渡辺演じる妻殺しのぬれぎぬで死刑判決を受けたエリート医師が、豊川演じる警視庁広域捜査班班長率いる警察の手を逃れながら真犯人を捜し出すストーリー。

リメークについて渡辺は「映画は見ました。ただ、27年前と社会情勢が違い、警察の捜査方法も違う。かいくぐる網自体が狭く、その狭い網をどうかいくぐっていくかを意識した」と説明した。

逃亡劇のシーンは埼玉・秩父の山奥で撮影されたという。「60周年作品で僕も60歳で引き受けたけど、こんなに激しい作品だったかな。途中で後悔した」と振り返る渡辺は、つねに、ロケ前には和泉聖治監督の姿を追っていたという。「沢に止まって監督が助監督と話しているんです。寒い時期に。沢を走るロケハンをしていたんです。準備していないのに、川に入れといわれて。監督の影におびえていました」。

たたき上げの刑事を演じた豊川は「不謹慎かもしれませんが、ピストルをたくさん撃ちました。役作りのために海外では(実弾で)訓練したことがありますが、多くの男性がモデルガンなどに夢中になったように、ワクワク感を感じてもらえる作品になりました」。

逃走劇では、実際に走行する電車の中で撮影も行ったという。渡辺は「走る電車の中での撮影は初めて。動いているので、つり革にぶつかったり、重力がかかり思った以上に動いてしまったり、初めての経験に興奮しました。役者のさがですかね」と語った。

来年の抱負を1字で求められた渡辺は「脱」を、豊川は「握」と書いた。渡辺は「コロナで人との関係を遮断された年で、社会そのものを否定された。ワクチンや薬で、来年は普通のことができることを願っています」。豊川は「今年は誰とも握手をしないことに気づいた。人間の触れ合いは大事で、体感を感じることも大事。コロナに断ち切られたが、来年はコロナウイルスに打ち勝てるようにしたい」とそれぞれ語った。