J功労選手賞は小笠原満男氏ら8人「うれしく思う」

<Jリーグアウォーズ>◇8日

Jリーグの年間表彰式が行われ、功労選手賞の、18年シーズンをもって現役を引退した小笠原満男氏ら8人が表彰された。受賞者のコメントは以下の通り。

 

▽小笠原満男氏(最終所属=鹿島) こんなすばらしいメンバーとこんなすばらしい賞を受賞して、非常にうれしく思います。

 

▽川口能活氏(最終所属=相模原) 現役を退いて、再びこの舞台に来られるとは思ってもいなかった。非常にうれしく思うし、みなさんの温かいご支援のおかげで戻ってこられたこと、うれしく思う。感謝の気持ちでいっぱい。

 

▽楢崎正剛氏(最終所属=名古屋) 現役時代も運良くこの場に立たせて頂いた。まさか辞めてまで呼んで頂けるとは、光栄です。

 

▽アレックス氏(最終所属=讃岐) 17年間日本でプレーし、大変光栄に思う。

 

受賞者は他に中沢佑二氏(最終所属=横浜)、播戸竜二氏(最終所属=G大阪)、巻誠一郎氏(最終所属=熊本)、森崎和幸氏(最終所属=広島)。