バド協会“太っ腹”報奨金作戦の陰に大手スポンサー

 東京五輪金メダルへ、太っ腹なニンジン作戦-。日本バドミントン協会は19日、都内で理事会を開き、世界選手権の報奨金の規定を新設した。金メダルが300万、銀が200万、銅が100万円。女子シングルス金メダルの奥原希望(22=日本ユニシス)らに授与する。指導した日本代表担当のコーチにも、選手の報奨金額の30%を与えることも決めた。

 五輪では04年アテネ大会から金1000万、銀500万、銅300万円の報奨金を出している。五輪でも選手の30%の金額をコーチの報奨金に決定。金メダルコーチは300万円が得られる。日本協会の銭谷欽治専務理事は「明確に規定を設けたことで、東京五輪へモチベーションを上げてもらう」と狙いを説明した。

 ニンジン作戦はさらにある。この日、東京体育館で開幕したジャパン・オープンは五輪、世界選手に次ぐ格付けの国際大会スーパーシリーズ(SS)。このSSに優勝した選手には、次の欧州への長期移動時に、特典として航空機のビジネスクラスを用意する。

 昨年のリオ五輪女子ダブルスでは高橋、松友組が金、先月の世界選手権では奥原の金を含む最多4個のメダル。日本勢の躍進もあり、今年から日本代表のユニホームに初の「胸スポンサー」として自動車大手のダイハツ工業の名前が入った。日本協会の強化費の増加が、今回のニンジン作戦につながっている。