山根会長、鈴木長官に反論「差別してるんですか?」

 不正判定疑惑などに揺れる日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が7日、スポーツ庁の鈴木大地長官に反論した。

 大阪市内の自宅前で30分近く持論を展開。「反社会勢力との交友が事実であれば、一刻も早く辞めるべきだ」と述べ、辞任を求める意向を示した鈴木長官に対して「大臣もね、長官もね、相手は反社会的団体なんです。なぜに相手に言わずにして、調べもせずにして、山根明を差別しているんですか? スポーツ庁長官! 五輪大臣!」などと声を荒らげた。

 一連の問題では助成金流用の疑いに加え、山根会長は過去に暴力団組長と関係があったことを認め「約50年前の話で若気の至り」と話している。鈴木長官は「ボクシングだけでなく、スポーツ界全体のイメージを著しく損ねている」と批判し、さらなる事実関係の解明を要望していた。

このニュースの写真

  • 大阪市内の自宅前で持論を展開した日本ボクシング連盟の山根明会長(撮影・松本航)