飛び込み三上紗也可が5位入賞「実感がわかない」

<水泳:世界選手権>◇第8日◇19日◇韓国・光州◇女子3メートル板飛び込み決勝

女子3メートル板飛び込みの三上紗也可が、323・05点で5位入賞を果たした。

決勝に出場したことで五輪代表に内定。同種目の日本勢で史上最高順位となった。「実感がわかない。ここまでこれたことが不思議なくらい」とびっくり。18歳は東京五輪に向けて、大技「5154B」(前宙返り2回半2回ひねりえび型)に挑戦している。安田コーチは「5位は信じられない。もしかして5154Bが決まれば、(五輪で)メダルもありえるのかなと感じる」と話した。

その他の写真

  • 女子3メートル板飛び込み決勝 4本目の演技を行う三上(撮影・鈴木みどり)