八村と渡辺雄太が共演 NBA初日本人対決実現

<NBA:グリズリーズ128-111ウィザーズ>◇14日(日本時間15日)◇メンフィス

ついにNBAで日本人対決が実現した。

ウィザーズのルーキー八村塁(21)とグリズリーズの渡辺雄太(25)がグリズリーズのホームで対戦し、第2クオーター(Q)残り7分42秒に、八村が出場し、史上初めて日本人2人が同じコートに立った。残り6分43秒では初のマッチアップ。八村のシュートを渡辺が止めに行き、決めさせなかった。渡辺は残り6分33秒で退き、2人の「共演は」前半までで1分9秒となった。

試合前に八村は2人が同時にコートに立つことについて「すごく楽しみ。歴史的にないことだし実現したらいいと思う」と話していた。普段から渡辺と連絡を取り、NBAや私生活についても話しているという八村は、初のメンフィス入りということもあって、今回の遠征前にも連絡を取り「今日試合で戦えるので楽しみだなあ」と話したという。

八村は開幕から24試合連続で先発出場、前半16分の出場で3点シュート1本を含む、8得点3リバウンドを記録、渡辺は第2Q残り10分13秒から今季4試合目となる約4分の出場を果たし、前半は無得点だった。

開幕から24試合連続で先発したウィザーズ八村は28分40秒の出場で8試合連続2桁となる10得点、4リバウンドをマークしたが、グリズリーズに敗れ、4連敗で7勝17敗となった。

その他の写真

  • 試合前に抱き合うウィザーズの八村(奥)とグリズリーズの渡辺(共同)