【キムタクさんを悼む】「あきらめずに可能性を探ることも必要」記者も聞き入った新人に語った言葉

2010年の4月7日、巨人のコーチを務めていた木村拓也さんが亡くなりました。思い出してもらうこと。忘れないでいてもらうこと。番記者の役目です。(2010年4月8日掲載。所属、年齢などは当時)

傑作選

古川真弥


木村拓コーチを最後に取材したのは3月25日、開幕前日だった。東京ドームでのチーム練習に真新しいノックバットを持って来ていた。「しっくりくるバットが、なかなか見つからないんだよ」と話していた。2月の宮崎キャンプでは連日、若手に居残りノック。合間を縫って、ノックの練習を繰り返していた。

どんな仕事にもプレー同様、全力で取り組んだ。キャンプ中の実戦から何度か三塁コーチを務めた。「サインを出すのは難しい」と、夜中に1人、部屋の鏡に映る自分の姿を見ながらサインの練習をしていたという。

3月2日のNPBの新人選手研修会では「ほとんど寝ないで考えた」と、12球団の新人に19年間の現役生活を語った。ドラフト外で入ったプロのキャンプ初日は、内野のボール回しが速すぎてついて行けなかった。そこから、球界屈指のマルチプレーヤーへ。「そうなろうと思ってなったわけじゃない。自分が一番、得意だと思っていた野球でうまくいかないときがある。それでも、あきらめずに可能性を探ることも必要なんです」。記者も仕事を忘れ、聞き入った。講演後、「本にしたらどうですか」と言ったら、「誰も読まないよ」と照れていた。もっと、キムタクさんの話を聞きたかった。

◆木村拓也(きむら・たくや)1972年(昭47)4月15日生まれ、宮崎県出身。宮崎南から90年ドラフト外で捕手として日本ハム入団。プロ3年目に外野手転向。

94年オフに長冨との交換で広島移籍。95年から内野も兼任。96年秋に右打ちから両打ちに転向。00、01年球宴、04年アテネ五輪出場。06年シーズン途中に山田との交換で巨人移籍。

代表的な「ユーティリティープレーヤー」で、09年から内野登録も、9月には10年ぶりに捕手として出場。投手以外の全ポジションを守った経験を持つ。173センチ、75キロ。右投げ両打ち。家族は夫人と2男1女。