【ハッシュタグと野球#5】「#ととのう」「#変態ホームラン」「#横浜反撃」…日刊ハッシュタグ辞典㊦

選手とファン、現実とデジタルの世界をつなぐハッシュタグ。「日刊ハッシュタグ辞典㊦」で、新たな文化にフォーカスした5回連載を締めくくります。それにしてもみなさん…お上手です! #野球好きな人と繫がりたい(2022年6月22日掲載。所属、年齢などは当時)

野球の国から

湯本勝大

【さ行】

◆しまうちごろく【#島内語録】楽天島内のコメント。活躍後のコメントが独特なことから。例:今日の#島内語録「歯医者に行けないことが悔しいですね」

◆しゃけまる【#しゃけまる】今季、新たに登場した日本ハムのグッズ。サケの帰巣本能から、ホームにかえってくることを祈るもの。

「しゃけまる」のかぶり物をつけ場内を歩く日本ハム杉谷。選手が積極的に関与することも特徴=2022年5月15日

「しゃけまる」のかぶり物をつけ場内を歩く日本ハム杉谷。選手が積極的に関与することも特徴=2022年5月15日

◆しょうてんぽーず【#昇天ポーズ】オリックス杉本が本塁打後に取るポーズ。右手を突き上げる。元ネタは北斗の拳「ラオウ」。

◆じょーかー【#ジョーカー】ソフトバンク牧原のこと。切り札的存在という意味から。

◆ぜったいだいじょうぶ【#絶対大丈夫】昨年9月、ヤクルト高津監督がナインに伝えた言葉。以降、合言葉として日本一を達成。

【た行】

◆どすこい【#どすこい】西武山川が本塁打を打った後に取るポーズ。ファンと一緒に両手を上げるのがお決まり。

◆ととのう【#ととのう】ロッテ石川の応援タオルに書かれた言葉。各選手が掲げてほしいメッセージや好きな言葉を書く中、大好きなサウナの用語を採用。本来は「サウナで心身スッキリした」という意味。

◆とらこ【#TORACO】女性阪神ファンの呼び名。

【な行】

◆なおきたまらん【#尚輝たまらん】「#源田たまらん」の、巨人吉川版。本家に劣らない守備範囲の広さ、柔らかい打撃で魅了する。

【は行】

◆へんたいほーむらん【#変態ホームラン】ソフトバンク柳田が、本塁打を放った際によく見られる。体勢を崩されたり、悪球でもフェンスを越えることから。

ソフト柳田の「#変態ホームラン」は、逆方向で出がち。広島大瀬良からの1本は代表格で、なかなかザワつきが収まらなかった=2020年6月12日

ソフト柳田の「#変態ホームラン」は、逆方向で出がち。広島大瀬良からの1本は代表格で、なかなかザワつきが収まらなかった=2020年6月12日

【ま行】

◆むねあつ【#ムネ熱】オリックス宗に対する言葉。胸熱にかかっている。

◆むらかみかんとく【#村上監督】ヤクルト村上の、22歳にして監督のようなどっしりとした立ち居振る舞いい。例:ベンチで先輩選手に拍手を送る姿は #村上監督

ヤジを飛ばす阪神首脳陣に、向かっていこうとする村上。おとこ気を世に知らしめた瞬間=2021年7月6日

ヤジを飛ばす阪神首脳陣に、向かっていこうとする村上。おとこ気を世に知らしめた瞬間=2021年7月6日

◆めいほういまみや【#明豊今宮】ソフトバンク今宮のこと。今季好調な打撃が、高校時代の打撃センスをほうふつさせることから。

【ら行~】

◆れいてんでおさえることができてよかったです。【#0点で抑えることができてよかったです。】阪神球団配信の岩崎の定番コメント。もはやテンプレ化されている。無機質な言葉と、淡々とした投球が絶妙。【#勝つことができてよかったです。】は今季版。

◆れいわのうしわかまる【#令和の牛若丸】西武滝沢のこと。164センチと小柄ながら、50メートル5秒8の俊足と機敏な身のこなしから名付けられた。

「牛若丸」」は時代不問のナイスな異名。おかわりさんもゾッコン=2022年7月13日

「牛若丸」」は時代不問のナイスな異名。おかわりさんもゾッコン=2022年7月13日

◆やっちゃろうやぁ【#やっちゃろうやぁ】今季開幕前、広島佐々岡監督がモチベーションビデオと共にナインに呼びかけた言葉。

◆よこはまはんげき【#横浜反撃】今季のDeNAチームスローガン。昨季最下位に終わった悔しさをバネに、やり返すという決意。

◆よこはまゆうしょう【#横浜優勝】DeNAが勝利した際に、トレンド入りする大人気タグ。由来は諸説あるが「横浜が優れていたから勝った」という意味とされている。(この項おわり))