EXILEとアリーナ AKIRA、TETSUYAとともに紐解くストーリー

注目の人、話題のこと。もっと知りたい、もっと読みたい。その思いをかなえます。新体制EXILEがあえて選んだアリーナツアー。グループをけん引するAKIRAとTETSUYAの言葉から見えてくるものとは。

ストーリーズ

大友陽平

<アリーナツアーの歴史・前編>

EXILEの進化に、アリーナツアーあり-。昨年9月27日にデビュー20周年を迎えたEXILEが、2月26日から、09年以来13年ぶりの全国アリーナツアーとなる「RED PHOENIX」(8都市16公演)をスタートさせた。ドームツアーが“恒例”のグループが、あえてアリーナツアーを行うのは、14人体制となった新たな姿を、よりきめ細やかに届けるため。そして、いつもグループの節目にアリーナツアーを実施してきた歴史があったからだ。現在の「NEW EXILE」を引っ張るEXILE AKIRA、EXILE TETSUYAとともに、その歴史をひもといていく。

   ◇   ◇   ◇

13年ぶりのアリーナツアー初日を迎えたサンドーム福井。コロナ禍もあって、単独公演もちょうど2年ぶり。20年11月にはATSUSHIが勇退。会場は、新たなEXILEエンターテインメントを届けようとするメンバーの気合と、待ち望んだファンの熱気で充満していた。

コロナ対策で、ファンは歓声を上げられない。それでも、マスク越しながら笑顔が広がっていく。ドームではなかなか実現できないステージと客席の“近さ”が、その笑顔の輪の広がりを、何倍も、何十倍も加速させているように見えた。

AKIRA EXILEにとっては、進化するタイミングであったり、新たなスタートを切るタイミングでアリーナの地を踏むことはこれまでもやってきました。だからこそ、新生EXILEとしても、1つ1つ丁寧にお届けしていきながらスタートを切ることで、この先の活動にもつながっていくと思います。

13年ぶりの全国アリーナツアー初日公演を行ったEXILE

13年ぶりの全国アリーナツアー初日公演を行ったEXILE

前身の「J Soul Brothers」から名前を変え、01年9月27日にシングル「Your eyes only~曖昧なぼくの輪郭~」でデビューしたEXILE。03年にはアルバム「EXILE ENTERTAINMENT」で初のミリオンセールスを記録し、年末には「NHK紅白歌合戦」に初出場。人気も上昇する中で、初めてアリーナの地を踏んだのが04年だった。グループにとって2本目のライブツアー「EXILE ENTERTAINMENT」で、全国6都市13公演を行った。

AKIRAはまだEXILE加入前だったが、オープニングの演出に“出演”していた。

AKIRA 僕はキッズダンサーとして出演するEXPG(LDHが運営するエンターテインメントスクール)の生徒たちを引率していたり、オープニングの演出に一部参加して踊っていました。ライブは当時から、度肝を抜かれました。ダンスパフォーマンスでこんなに大きなステージに立てているという部分もそうですし、感動を通り越えて、もうかっこよすぎて、逆に悔しさも感じてしまうくらい…。もちろん、エンターテインメントの一部になれたことに、すごく喜びを感じていました。

当時、AKIRAと出会っていたTETSUYAも、そのアリーナツアーを目撃した1人だった。

TETSUYA 横浜アリーナ公演を、AKIRAに招待してもらって、(橘)ケンチと見に行きました。もうEXILEのメンバーがかっこ良すぎて、口がずっと開いてたのは覚えてます。これは「ヤバい!」と。そんな衝撃を受けたライブは初めてでした。パフォーマーが作るエンターテインメントと、それに結びつく人たちがすごくキラキラして見えました。

ボーカルとパフォーマーによる「ダンス&ボーカルグループ」は今や主流になっているが、当時、ダンサーは「バックダンサー」という形が“普通”だった。EXILEのように、「パフォーマー」として1人1人にスポットライトが当たることは斬新でもあった。

TETSUYA 先輩ですけど同じジャンルのダンスをやっている人たちが、こういうところに立てるんだと。EXILEは異質に見えて、そんなエンターテインメントは初めてでした。

AKIRA 普段、クラブとかでメンバーの皆さんのことは見ていたんですけど、HIROさんだ! MATSU(松本利夫)さんだ! USAさんだ! MAKIDAIさんだ! みたいな…。ファンに寄り添ったアプローチをしているんですけど、6人がやっていると、まるで海外のアーティストに見えるというか…。近くで見ている人たちなんですけど、すごく遠い存在でもあり、でも「自分たちも、あそこに行けるのかな?」という夢を見させてもらえる存在でもありました。

日本の音楽エンターテインメント界も変えたEXILEの大きなムーブメント。アリーナのステージを通じて、その渦はさらに進化を遂げ、広がりを見せることになる。(後編につづく)