LDH史上最大規模のオーディション 時代が変わっても変わらないものがある

注目の人、話題のこと。もっと知りたい、もっと読みたい。その思いをかなえます。

ストーリーズ

大友陽平

<オーディションの歴史・後編>

EXILEがEXILE TRIBE(一族)に、そしてLDHへ-。LDHは03年から運営するエンターテインメントスクール「EXPG」での育成をはじめ、節目で「オーディション」を開催して、仲間を増やしてきた。EXILEがデビュー20周年を迎える中、現在開催しているのが、LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z~Dreams For Children」だ。男性部門のプロデューサーを務めるEXILE AKIRAと、「EXPG高等学院」で学長を務めるEXILE TETSUYAが、「Z世代」のオーディションを語った。

   ◇   ◇   ◇

昨年7月から募集が始まった「iCON Z」。96年4月2日~09年4月1日生まれまでの“Z世代”が対象で、ボーカル、ラップ、ダンス部門に分かれて行われている。総合プロデューサーはEXILE HIROが務めるが、男性部門の担当をAKIRAとSHOKICHIが、女性グループ部門の担当を三代目 J SOUL BROTHERS登坂広臣が務めるなど、よりメンバーが審査などに参加する形で行われている。

AKIRA また新たな世代を発掘するべく、開催しているオーディションです。約4・8万人の応募が集まったのですが、SNSもそうですし、やはり見ているものも世界との距離がものすごく近くなっているので、ダンスにしろ、歌にしろ、ラップにしろ、それそれのクリエーティブ力やスキルはアップしています。数年前に行われたオーディションとはまたひと味も二味も違った意味で、変わっているんじゃないかと思います。部門に分かれて審査が行われていますが、次世代の子たちは「総合力」で見ていくというようなオーディションになっています。

普段からパフォーマーとしての活動だけでなく、ダンスの研究や事業などさまざまな分野で活躍するTETSUYAは、「EXPG学院」の学長として、日々「Z世代」とも接している。

TETSUYA 見ているものが多くて、流行りを当たり前に察知できるというところでいうと、やっぱりセンスが良いです。今は流行っているものが各カテゴリーにいっぱいあって、それを自由に取りに行けるという時代。自分が関心を持てば、いくらでも掘れるみたいなところもあるので、夢の持ち方だったりとか、表現の仕方にもセンスが現れます。ただ、気持ちの中では昔の僕らのように『絶対夢をかなえてやる!』って燃えていると思うんですけど…。それを表に出すのが苦手な子が多い印象があるので、この子はこの熱さがあるとか、この色の熱さなんだと気付いてあげることがすごく大事なのかなと思っています。

EXILEの新メンバーが発表され、喜びを爆発させる、左2人目から世界、白濱亜嵐、佐藤大樹、岩田剛典、関口メンディー(2014年4月撮影)

EXILEの新メンバーが発表され、喜びを爆発させる、左2人目から世界、白濱亜嵐、佐藤大樹、岩田剛典、関口メンディー(2014年4月撮影)

時代が変われば、オーディションの過程や、アプローチの仕方も変化する。それでも、変わらないものもある。

TETSUYA 昔から、同世代でも僕らよりすごい人がいて、その人たちよりさらにすごい人が出てきて…というふうに、どんどん進化していってると思うので、今これくらいの子たちが育つのであれば、もっと下の世代はこうやって育ててみようかな…と、欲が湧いてきます。これからの世代にいっぱい出会ったり、触れ合ったりするのが楽しみです。

AKIRA 難しい時代ですけど、心にあるもの…。信念とか、燃えたぎるものは失いたくないですよね。今はLDHだけじゃなくて、国内外にいろいろな形のダンス&ボーカルグループがありますが、その中でもLDHオリジナルを見いだせるような逸材を集めていけたらと思っています。

3月末現在で、男性部門は三次審査まで終了。5月の最終審査は、日本武道館で行われる。女性部門も二次審査まで終了し、候補者も絞られてきている。

TETSUYA この先の日本のエンターテインメントで、どんなスターが生まれていくのかというのは、もちろん見たいです。自分もまだステージに立って楽しんではいるんですけど、どんな未来のスターを見いだせるかというところにワクワクを感じる自分になっていっています。どんな才能と出会えるのか楽しみです。

AKIRA EXILEもそうですが、1つのグループがアメーバのようにどんどんどんどん増幅していって、形を変えて、進化して、化学反応を起こして成長していく…。これが、LDHの1つの特徴なのかなとも思いますし、そういう意味でも今回のオーディションもきっと、合格者の夢がかなうだけでなく、「Jr.EXILE世代」のメンバーたちが合格者とまた切磋琢磨(せっさたくま)して、きっとこれからの未来を切り開いていく、何か大きなきっかけになっていくと思います。

LDHの輪は、「Love、Dream、Happiness」とともに、これからもさらに広がっていく。(おわり)