井上芳雄「別世界に飛べる」コロナ禍でこそ感じるミュージカルの強さ

注目の人、話題のこと。もっと知りたい、もっと読みたい。その思いをかなえます。

「行列のできる相談所」の新MCも務める井上芳雄。まだまだ進化する“プリンス”が語ったミュージカルの魅力とは・・・。

ストーリーズ

梅田恵子

俳優井上芳雄(42)が、70年以上にわたり世界で愛される名作ミュージカル「ガイズ&ドールズ」(帝国劇場、6月9日初日)で天才ギャンブラー、スカイ役に初挑戦する。長引くコロナ禍で誰もが疲弊する中、ミュージカル界のプリンスと親しまれる彼が、最高に明るくてかっこいい王道のラブコメをセレクトした。「別世界に飛べる」ミュージカルの強さを、今こそ実感しているという。

   ◇   ◇   ◇

作品は1950年に米ブロードウェーで初演され、トニー賞8部門に輝いたミュージカルコメディーの名作。井上は「このご時世だからこそ、明るくて楽しいこの作品のパワーをお見せしたい」と自信をみせる。

女性にモテる天才ギャンブラー、スカイが、キリスト教団体で慈善活動に励む堅物女性サラと恋に落ちるラブコメだ。モテ経験の共通点を聞くと「僕は1人の人と真剣にお付き合いしたいタイプなので、女性に深入りしないスカイとはちょっと違うかも」と笑う。キレキレの二枚目像は、84年の大地真央以来、宝塚歌劇のトップスターが演じてきたイメージが強い。「大地さんと比べられたら困る」とあせりながらも「心の機微など、生身の男が演じる良さを出せれば」と話す。

サラ役の明日海りお(36)とは初共演となる。「僕の妹(初輝よしや)の宝塚時代の同期で昔からよく知っている。今までお兄ちゃん的な気持ちでいたので、恋人役でガッツリ共演とは。妹の友達相手に何やってんだと」と、巡り合わせに感慨深げ。「スカイもサラも、しっかり自分を持ちつつ、自分にないものを探していて、ぶつかり合いながらも『この人なんだ』と分かっていく心の動きは感動的。ドラマチックな2人をしっかり演じたい」。

小学4年の時に見た「キャッツ」に衝撃を受けてミュージカル俳優を志し、この道一筋でやってきた。東京芸大声楽科在籍中の00年に「エリザベート」の皇太子ルドルフ役で鮮烈にデビューして以来、20年以上“ミュージカル界のプリンス”と親しまれている。

「最初の役が皇太子だったことも大きいですよね。プリンスを重荷に感じたことはないです。いっぱいいますから、ミュージカル界のプリンスは。ふふ。むしろ今年43なので、どこがプリンスなんだよと、いつか怒られるんじゃないかとヒヤヒヤしています」。

デビュー時のインパクトと、長年にわたる柔軟な発信力でミュージカルの認知度を格段に上げ、その功績は計り知れない。「頑張りたいんですよ。プリンス観で言えば、小説の『幸福な王子』みたいなタイプが性に合っているのかも。あそこまで人のためにボロボロにはなれないけど、俺が俺がと行き詰まるより、ジャンル全体で盛り上がろうぜ、みたいな方が自分もやりやすい」。

あらためてミュージカルの魅力を聞くと「別世界、夢の世界に飛べるジャンプ力が、演劇の中でも特に強い」。「この『ガイズ&ドールズ』も、1930年代のニューヨークという別世界に連れて行ってくれる。ダンスと音楽と物語。目にも耳にも楽しく、エンターテインメントとして強いなあと思います」。

今や日本テレビ「行列のできる相談所」の新MCや、「ZIP!」の5月金曜パーソナリティーなど、情報番組でも引っ張りだこ。「僕はスカイみたいな天才ギャンブラーではないけれど、できるかできないか分からなかったら、やってみようというタイプ。40過ぎてこんなチャンスをもらえること自体、すごいことだから」。プリンスは、まだまだ進化中である。

妻の知念里奈と毎月作戦会議

○…16年に女優知念里奈と結婚し、2児の父でもある。「生活のことをちゃんとやる」ことがリフレッシュ法という。「幼稚園に送ったり、ゴミの分別をしっかりやったり。そういうことがちゃんとやれていないと仕事に追われている気分になる。お兄ちゃんにお小遣いをあげることで月が替わったことを知ったり、そういう時間が僕には大事」。妻の知念とは、月のはじめにカレンダーに互いのスケジュールを記入しながら作戦会議をする。「ここはシッターさんに頼もうとか、ここは僕がいけるとか。そんな家族との時間に『生きてるな』と感じます」。

◆井上芳雄(いのうえ・よしお)

1979年(昭54)7月6日、福岡県生まれ。東京芸大声楽科卒。00年「エリザベート」の皇太子ルドルフ役でデビュー。「ミス・サイゴン」「モーツァルト!」など数々の作品で活躍。06年に読売演劇大賞杉村春子賞、08年に菊田一夫演劇賞。4月から日本テレビ系「行列ができる相談所」MCを務める。16年に女優知念里奈と結婚。182センチ、血液型A。

◆「ガイズ&ドールズ」

天才ギャンブラーのスカイ(井上芳雄)と慈善活動に打ち込むサラ(明日海りお)、14年間も婚約中のギャンブル仲間ネイサン(浦井健治)とダンサーのアデレイド(望海風斗)。2組のカップルの恋のゆくえを描く。1950年に米ブロードウェーで初演され、トニー賞作品賞、主演男優賞、主演女優賞など8部門受賞。本作では、世界的に注目を集める若手演出家マイケル・アーデンが最新演出を手掛けることも話題。