亀田大毅15年目の告白 反則、バッシング、潜伏生活…あの内藤大助戦を振り返る

15年の時をへて分かることがある。ボクシングの元2階級制覇王者・亀田大毅(KWORLD3ジム副会長)は今年1月、33歳になった。07年10月、18歳で世界初挑戦。挑んだWBC世界フライ級王者内藤大助が当時、33歳だった。試合は完敗の判定負け。度重なる反則行為で1年間のライセンス停止処分を受け、世間の猛批判にさらされた。「あの経験があったから今の自分がある」。大人になった今、当時を振り返った。

ストーリーズ

実藤健一

22年1月、会見に登場した亀田興毅氏(左)、宮崎亮(中央)と亀田大毅氏

22年1月、会見に登場した亀田興毅氏(左)、宮崎亮(中央)と亀田大毅氏

当時の内藤と同じ33歳に

暗闇しかなかった。大毅はただじっと部屋にこもってうずくまった。「なんも考えたくなかった」。やってしまったこと。その重みは日を追うごとに増していった。「ボクシングを辞めたい。逃げたい」。その一心だったという。

07年10月11日、東京・有明コロシアム。プロデビューから10戦10勝7KOと破竹の勢いを携え、初の世界戦の舞台に立った。相手は百戦錬磨の内藤。ベテランの巧みな試合運びにあせりだけが募り、最終12回に我を失った。内藤に猛進して押し倒し、レスリング技のように抱え上げて投げ落とした。前代未聞の減点3。暴走行為に、場内からブーイングが巻き起こった。

内藤大助対亀田大毅 12回、内藤大助(右)を持ち上げる亀田大毅

内藤大助対亀田大毅 12回、内藤大助(右)を持ち上げる亀田大毅

大毅 言い訳なんかない。普通に負けたという試合ですよ。キャリアがない自分が、予想通りの試合になった。もちろん勝つと思ってリングに上がっているけど、世界戦の経験なんてないし、素人だった。負けるべくして負けたという試合でしたね。

今は冷静に振り返ることができる。だが、18歳の当時は現実を受け入れることができなかった。

大毅 3ラウンドまで覚えているけど、その後は…。何試合が記憶が飛んだことはあるけど、その初めての経験が内藤戦でした。初めてのことがいっぱい起きた。それに対応できなかったのは未熟のひと言。

怖いもの知らずだった。試合前、王者を「ゴキブリ」呼ばわりし、「負けたら切腹する」とまで言った。挑発は盛り上げを狙った当時の亀田家流のパフォーマンス。発信力が強い分、反発も強い。試合後は「切腹しろ!」などの罵声が飛び交った。

大毅 プレッシャーはめちゃくちゃありましたよ。世界王者にならなあかん家庭。使命感、それだけです。3兄弟で世界王者になる。やめるのは簡単だが、自分だけ欠けるわけにはいかない。生まれたときから十字架は背負っている。

内藤大助対亀田大毅 12回、倒れた亀田大毅(下)はグラウンド状態で内藤大助の顔面にパンチをぶち込む

内藤大助対亀田大毅 12回、倒れた亀田大毅(下)はグラウンド状態で内藤大助の顔面にパンチをぶち込む

「内藤選手の方が重圧はあったでしょう」

「勝たなあかん」思い、あせりが暴走となった。15年たった今は思う。

大毅 僕もちょうど33歳になって思うけど、内藤選手の方が重圧はあったでしょうね。こんなくそガキに負けてたまるかと。少し人気あってやんちゃな18歳って、絶対負けられんよ。冷静に考えると、内藤選手と同じリングによく上がれたなと。今、考えたらおもろいなと思う。勝ってたら3曲ぐらい歌ってましたよ。全試合で用意してるんで。そういう18歳のくそガキ、おもろいと思うけどね。結果、打ちのめされたけど、すごい経験をした。

今は笑えるが、18歳が受けた心の傷は深い。家の外に出れば、待つのは冷たい視線だけ。東京都内の自宅の一室に引きこもり、見かねた父の史郎氏が「大阪に行け」と指示した。史郎氏の兄宅に居候。そこでも見かねたおじが「パチンコにでも行って、気を晴らしてこい」と気遣った。

大毅 (量販店の)ドンキ(ドンキホーテ)でかつら買ってかぶって行った。当時は(韓国ドラマ冬のソナタ主演の)ヨン様(ペ・ヨンジュン)ブームやったから、そのかつら。でも店員に一発でばれてん。パチンコ店にも行かれへん。(おじ宅の)屋上ならと行ったら、写真週刊誌に撮られた。自分の世界がなくなっていた。

内藤大助対亀田大毅 12回、亀田大毅(左)の相次ぐ反則にあきれる王者内藤大助

内藤大助対亀田大毅 12回、亀田大毅(左)の相次ぐ反則にあきれる王者内藤大助

そんな圧迫された生活の中でも、失わない志があった。「世界王者になる」。

大毅 カジノでいったら大金を賭けて負けたようなもの。言ったものは倍返ってくる。1年間試合できず、そこでやめるのは簡単だけど、続けたのが自分のボクシングキャリアで一番頑張ったところ。とんでもないことして負けたから、たたかれて当然じゃないですか。「雑音」はこたえるけど、最終的にだれが悪いかといったら自分だから。ルールにそって勝つ。それですべて返ってくると。それだけが使命と思った。17歳のときは勢いあった。すぐ世界王者になったるわと。そこで(厳しい現実を)食らって、初めて将来を考えた1年。自分はプラスに捉えている。あそこで勝ってたらえらいことになっていたと思う。ボクシングの神様が試練を与えてくれたんやと。あの1年は本当に勉強した。

内藤大助対亀田大毅 内藤に完敗しぼう然と控室へ向かう亀田大毅

内藤大助対亀田大毅 内藤に完敗しぼう然と控室へ向かう亀田大毅

息子は「お水のめないからいや」と

内藤には直接謝罪した。内藤は「大毅のおかげで有名になれたよ」と大人の対応。けじめをつけた大毅は再びボクシングと向き合えた。「腐らず、世界王者にならないといけない」。08年の年明け、雑音のないメキシコに渡り、「一から鍛え直す」と再出発した。

人生のどん底をへて世界のベルトを手にした。2階級制覇を果たし、3兄弟で世界王者の亀田家の夢を現実にした。

大毅 あの経験があってだいぶ成長したんじゃないですか。世界王者には絶対ならないといけない家庭なんで。やめる選択肢がよぎったのは試合の直後だけ。ほかの試合では1回もない。やり遂げたらいつでもやめられる。1回、逃げることを覚えたら、人生すべてで逃げる。負け癖がついてしまう。試合には負けたけど、あそこから頑張って王者になったというのは負けていない。あそこでやめていたらろくな人生を送っていない。頑張ったから今がある。

WBA世界フライ級タイトルマッチ・12回戦 亀田大毅対デンカオセーン・カオウィチット 判定でチャンピオンになった亀田大毅はインタビューで涙。中央は興毅、右は和毅

WBA世界フライ級タイトルマッチ・12回戦 亀田大毅対デンカオセーン・カオウィチット 判定でチャンピオンになった亀田大毅はインタビューで涙。中央は興毅、右は和毅

15年。指導者として、過去の経験を現役選手に包み隠さず伝える。「それぞれに夢があるんでそれに応じて話します」と言うが根幹はひとつ。「逃げるな」。

息子が2人。6歳と2歳。将来の夢が盛りだくさんという長男に「ボクシングは?」と聞いたら、「お水のめないからいやだ」と返された。「僕の人生とは全く違う人生をいくでしょうね」。

一般社会でいえば、33歳はまだ「若造」かもしれない。ただ経験値はそれぞれに違い、大毅も普通の人にはない歴史を重ねてきた。

大毅 まずは任されているこのジムを日本で1番のジムにする。のちのちはスター選手を作っていきたい。(その過程で)自分の経験は生きてくるはずだし、ボクシング以外でも生きている。普通はできないことを経験しているから。

内藤大助対亀田大毅 亀田トレインで入場する右から父亀田史郎トレーナー、二男大毅、長男興毅、三男和毅

内藤大助対亀田大毅 亀田トレインで入場する右から父亀田史郎トレーナー、二男大毅、長男興毅、三男和毅

◆亀田大毅(かめだ・だいき)1989年(昭64)1月6日、大阪市生まれ。父史郎氏がボクシングの「英才教育」をほどこした亀田3兄弟の次男。04年5月、史上最年少の15歳3カ月で全日本実業団選手権バンタム級で優勝。翌年、協栄ジムに入門し、06年2月にプロデビュー。07年10月、10戦無敗の戦績を持ってWBC世界フライ級王者の内藤大助に挑戦も、反則行為を重ねて判定負け。1年間のボクサーライセンス停止処分を受ける。08年5月に協栄ジムから契約解除もその後、設立された亀田ジムに所属。10年2月にWBA世界フライ級王座を獲得、13年9月にIBF世界スーパーフライ級王者となり、2階級制覇。15年11月に左目網膜剥離のため現役を引退。身長167センチの右ボクサーファイター。アマ戦績は13勝(4KO・RSC)2敗、プロ戦績は29勝(18KO)5敗。家族は夫人と2男。