日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

オグリさらば…アイドルホース25歳で死す

90年12月23日 引退レースの有馬記念を制したオグリキャップ
90年12月23日 引退レースの有馬記念を制したオグリキャップ

 「芦毛の怪物」オグリキャップが3日、北海道新冠町の優駿スタリオンステーション(S)で放牧中の事故で死んだ。25歳。地方笠松から1988年(昭63)に中央入りして重賞6連勝を記録し、G1を4勝。引退レースの90年有馬記念で感動の復活Vを果たした。ハイセイコー以来の第2次競馬ブームの立役者で、種牡馬引退後は功労馬として余生を送っていた。

 オグリキャップが、放牧中の不慮の事故で、25年の生涯を終えた。この日、いつも通りに午前10時から放牧されていたが、午後2時ごろ、関係者が放牧地に出向いた際、右後ろ脚の骨折が判明。放牧中に転倒したものとみられ、治療のかいなく息を引き取った。

 90年に現役を引退後、91年から優駿スタリオンSで種牡馬生活をスタート。07年を最後に種牡馬生活を終え、以降は同所で功労馬として余生を送っていた。芦毛の馬だけに発症する「黒色腫」を患いもしたが、生産界では短命と言われる芦毛馬としては長生きをしていた。25歳は人間なら80歳ぐらい。ここ数年は一般見学は見送られていたが、5月からスタリオンS内の入り口付近のパドックに移り、見学を再開していた。

 競馬人気に多大な功績を残した国民的アイドルホースだった。87年に地方笠松でデビューし8連勝を含む12戦10勝の成績を挙げた。素質を評価され、明け3歳の88年1月に中央競馬移籍。クラシック登録がなく皐月賞、ダービーへの出走はかなわなかったが、いきなり破竹の重賞6連勝を果たし、秋には同じ芦毛のタマモクロスと天皇賞、有馬記念で死闘を演じた。

 1頭数千万円が珍しくない中で、牧場から数百万円で取引された。地方競馬出身で良血とは言い難い血筋ながら、中央のエリートを次々と負かす走りから、瞬く間に人気者に。今では珍しくなくなった競走馬のぬいぐるみの元祖だった。

 89年ジャパンCでは東京芝2400メートルを2分22秒2の当時の世界レコードで走破(2着)。引退レースの90年有馬記念では、直前2戦の敗戦から燃え尽きたとうわさされる中、武豊騎手とのコンビで奇跡の復活勝利を遂げ、日本中を感動の渦に巻き込んだ。中山競馬場を埋めた17万7779人は前年6万8912人の実に2・5倍を超え、レース史上最高。レースの売り上げ480億円も当時最高を記録した。この年初めて3兆円を突破した中央競馬の総売り上げは、オグリ景気を境に右肩上がりで伸び、97年には4兆円に達した。

 引退式は異例の笠松、東京、京都の3競馬場で実施された。引退後は当時国内最高の18億円でシンジケートが組まれ、種牡馬入り。残念ながら「走る能力」は伝えられず、中央では重賞勝ち馬を送り出すことはできなかった。だが人気は衰えず、92年には笠松競馬場で「オグリキャップ記念」が創設。05年には笠松競馬場に登場、08年にも東京競馬場で、元気な姿も披露した。

 優駿の村田繁実代表は「競馬サークルを超えて多くの人に愛され、また地域にも多大な貢献をしてくれた。今はただ冥福を祈ります」と死を惜しんだ。スタリオンSでは7月中旬にも、お別れの会を開きたいとしている。

 [2010年7月4日8時42分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

オグリキャップ

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  ヌード公約の美人サポ無念…/パラグアイ - 2010年南アフリカW杯ニュース
  2. 2  オグリに別れ、デビュー地の笠松に献花台 - 競馬ニュース
  3. 3  ワンカラット圧勝レコード/函館SS - 競馬ニュース



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです