日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

レーヴ2歳女王へ仕上がり万全/阪神JF

前走デイリー杯2歳Sで牡馬を破ったレーヴディソール
前走デイリー杯2歳Sで牡馬を破ったレーヴディソール

<和田美保の私に任せて:阪神ジュベナイルフィリーズ>

 ブエナビスタを超える存在になる!? 和田美保「私に任せて」が◎に期待したレーヴディソールは、前走デイリー杯2歳Sで牡馬を撃破。上がり33秒7の強烈な脚を使いながら、まだ粗削りで本気で走ってない。直前は軽めの調整も、1週前にびっしりやって仕上がりは万全。ここをステップに来春のクラシックまで一気に駆け上がる。

 昨年は牝馬3冠のアパパネが優勝した。コースが改修された06年以降は、ウオッカ、ブエナビスタなど、牝馬の枠を超え、時代を象徴する馬が誕生している。今年、その期待を抱かせるのはまだ底を見せていないレーヴディソールだ。2戦2勝だが、この馬はまだ本気で走ったことがない。

 デビュー戦が衝撃的だった。スローの流れで直線入り口は8番手。まだ競馬を分かっていないのか、鞍上にうながされて走っているような状態。正直、札幌の短い直線だけで届くのかどうか半信半疑だったが、あっさり差し切ってみせた。結果的には、余裕たっぷりにゴールしたとはいえ、長い手足を投げ出すような走りで、跳びの大きいレーヴには不得手なコースだったに違いない。しかも、ラスト2ハロン11秒台という高速ラップを差したのだから強い。レース後、松田博師も「ほとんどビッシリやってないのにな」と、能力だけで勝ったことを話していた。

 続くデイリー杯2歳Sはさらに驚いた。前半はやや力んで走って4コーナーでは、勢い余って外に大きく膨れるロスもあった。そして、今度はラスト3ハロン11秒5、11秒6、11秒5のラップ。それを、右ステッキ1発で外からあっさり差したのだ。その上、倒した相手は牡馬。牡馬相手の重賞を勝ってここに挑むという芸当は、ウオッカもブエナもやっていない。もしかしたら、これら以上の馬になる可能性があるといっても言い過ぎではないだろう。レーヴが本気で走ったらどんな勝ち方をするのか。まだ粗削りなだけに、期待は果てしなく広がる。

 最終追い切りは直線もほとんどアクションなしの馬なりだったが、これも計算してのこと。2歳時のブエナ同様、まだ調教で走りすぎてしまう面がある。そのため、競馬が近いことを教える程度でいい。前走から1カ月半ほど間隔があき、体は増えているようだがきっちり調教を積んでのことで、成長分。スラッとした体形もあるが、太めがあるようには見えない。

 枠順も6枠11番。少し外寄りの絶好枠が当たった。以前は内が圧倒的に有利だったが、強い馬が普通にレースをすれば勝つコースになった今なら、不利を受けにくいやや外めの方が走りやすい。3年前2着に敗れた姉レーヴダムール、今年の菊花賞4着の兄レーヴドリアンは病気のため、ともに死んでしまった悲しい過去がある。非運をたどった姉や兄のためにも、妹がG1のタイトルをつかむ。

 馬連(11)から(14)(1)(8)(6)(4)(7)(18)。

 [2010年12月11日8時16分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

レーヴディソール

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  レーヴ単勝1・6倍で1番人気/阪神JF - 競馬ニュース
  2. 2  イサベル折り合って末脚さく裂/阪神JF - 競馬ニュース
  3. 3  アーネス腰疲労、有馬回避 - 競馬ニュース
  4. 4  レッドディザイア有馬記念鞍上は四位騎手 - 競馬ニュース
  5. 5  上昇気配のペンタゴン4連勝だ/阪神11R - 競馬ニュース



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです