このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

津村ウインクルセイドを狙う/東雲賞

<和田美保の馬券姫:中山10R>

 12日の呉竹賞に出走を予定していたユキチャンは、背中に張りが出たので短期放牧に出されることになった。後藤師は「白毛を預かって3頭目で、ようやく勝てた。この後も夢が持てるね」と、大レース出走も示唆していただけに残念。だが、ここで無理をさせないことが、きっと先々につながる。

 津村騎手騎乗のウインクルセイドを狙う。蹄(ひづめ)の不安で7カ月休養していたが、ここを目標に乗り込みは万全。脚の使いどころ、気性を含め乗り難しいタイプだが、津村とは2戦2着、3着1回ずつ。2回とも馬券に絡んでいる相性の良さだ。今週のけいこでは後れを取ったが、またがった津村は「もともと調教駆けするタイプではないから」と気にしていない。鈴木伸師も「久々でも楽しみにしている」と期待をかけている。内枠が有利な中山1600メートル。2枠4番は絶好だ。馬券は(4)(9)3000円、(4)(11)1500円、(4)(8)500円、(4)(15)2500円、(2)(4)1000円、(4)(12)1500円。

[2008年1月12日8時42分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ