セレッソ大阪は24日、同日午前8時40分ごろに大阪市住之江区内で、GK真木晃平(23)が運転する乗用車が、車両同士の接触事故を起こしたと発表した。

真木が運転する乗用車が、右折するために一時停止していた、相手の車両左後方部分と接触。どちらもけがはなかったという。

クラブは「事故に遭われた方には、多大なご迷惑をおかけしましたこと心よりおわび申し上げます。同選手に対しては、より一層の安全運転にあたるよう注意喚起するとともに、全選手・スタッフに安全運転の指導を徹底してまいります」などとコメントした。