高校野球富山大会(6日開幕)の組み合わせ抽選が6月30日に行われた。

【展望】

V5を狙う高岡商が優位。好投手をそろえ1年夏から正捕手の近藤祐星主将(3年)が攻守でけん引。秋優勝、春は準優勝の富山第一は県内NO・1投手の小林路春(3年)がカギを握る。富山商も8年ぶりの夏の甲子園を狙い、氷見、高岡第一などが続く。