オリックス田嶋大樹投手の8回2失点の力投が、勝ちに等しい引き分けにつながった。

レアードの1発と荻野、中村の連打で2点を失うも、7、8回は追撃を許さず。「先に点を与えないということを課題にマウンドに上がっていたので、それができなかったことは次への修正点にしないといけませんが、8回まで投げることができましたし、粘れたことは収穫だと思います」。8回に宗が同点弾を放った瞬間はベンチから身を乗り出して喜んだ。