阪神木浪聖也内野手(29)が、飛躍のきっかけとなった自主トレの仲間と晴れ舞台で再会した。都内でNPBアワードに出席。

遊撃手部門のベストナインの表彰を受け「すごいスター選手がいつも表彰されてるイメージ。まさか自分がいるとは、という感じなので、不思議な感じ」と率直な思いを明かした。オフに自主トレをともにしたソフトバンク近藤、広島からオリックスに移籍した西川も出席しており、エールを交換し合った。球界を代表するヒットメーカーたちからは「教わったことの方がすごく多かったので、それが今年に生きてきたのかなと思います」とヒントを飛躍につなげた。「タイトルは狙ってみたい気持ちもありますけど、とにかく自分のやるべきことをやるだけ」と引き締めていた。

【関連記事】阪神ニュース一覧