3月9日の全日本プロレス後楽園ホール大会セミファイナルで開催される世界タッグ王座戦の記者会見が4日、都内の全日本プロレス本社で行われた。会見には王者組の「バカバカコンビ」こと諏訪魔(47)&鈴木秀樹(44)と、挑戦者組・芦野祥太郎(34)&黒潮TOKYOジャパン(31)が出席した。

会見では「俺らは今後、バカを増やしてやろうと思ってる」(諏訪魔)という王者組が、その独特のノリで挑戦者組の意欲を無力化した。

王座戦への意気込みを聞かれた黒潮が真剣な表情で「3~4年前に王道トーナメントに出たときに、この黒潮TOKYOジャパンがどこからどう見ても1番弱い。でもプロレスが1番うまいのはどこからどう見ても俺っていうことを言って参戦したことがあったんです。諏訪魔さんに聞きたいことがあって、今の俺ってどこからどう見てもまだ弱いですか?」と隣に座っていた諏訪魔に質問。

すると諏訪魔は「ん?」と、あろうことかまったく聞いておらず、これにはパートナーの鈴木も「(言葉の)キャッチボールしろよ。会話しなさいよ」とあきれ果てた様子だった。

にもかかわらず諏訪魔は自らが発言を求められた際には「(黒潮は)バカの種類が違った。まじめにやってない感じがする。いいの? それで」と謎の上から目線で黒潮を批判。すると自らの質問は無視された上に、まじめにやってないと言いがかりをつけられた黒潮は「バカじゃねえよ、俺は!」と激高した。

さらに「一生懸命やった方がいいよ」と追い打ちをかけた諏訪魔に対し、黒潮は「一生懸命やってんだろ!」とどなり返し、「バカじゃねえからアメリカに行けた!」と、WWEに所属していた経歴を持ちだして自分はバカじゃないと反論した。すると今度は鈴木が「でもクビになったんだろ」と冷やかしてニヤニヤ。そんな鈴木もかつてWWEを解雇されており、黒潮は「お前もだろ!」と鈴木にも激怒。1人まともな芦野を置き去りにし、黒潮対諏訪魔&鈴木の「バカバカ遺恨」が誕生した。【千葉修宏】