11日に61歳で急死したダチョウ倶楽部、上島竜兵さんが率いた「竜兵会」一員の有吉弘行(47)が15日、JFN系ラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜午後8時)に出演、「ありがとうしかなかった」と上島さんへ感謝を述べた。

有吉は冒頭から「まいったね、しかし。驚いたね」と切り出すと、何度も声を詰まらせながら、上島さんと2人だけで対面できたことを明かした。「亡くなった日の夕方、特別に2人きりにさせてもらった。お礼の言葉しか出なかった。ツッコんでやろうかなとか、ちゃかしてやろうかなと思ってたけど、お礼しかなかった。本当にありがとうございました」と話した。

「通夜も葬儀も火葬場まで、家族扱いしてもらって、参加させてもらった」とした。12年前に父を亡くしている有吉は「2回目のおやじ死んじゃった芸人」とさびしそうに語った。

葬儀の様子について、有吉は「奥さんの(広川)ひかるさんが気丈に喪主のあいさつをしていた。最後まで笑ってた。いい葬式だった。ひかるさん、肥後(克広)さん、(寺門)ジモンさんが一番つらいだろうけど、みんなに声かけて、笑えるようにしてくれてありがたかった」と話した。家族葬だったが「『俺も家族だ』っていっぱい来るんだよね。泣いてたけど、ありがとうばっかりだった。よくありがとうって言う人だったけど、みんなから感謝されていた」と話した。

上島さんの還暦祝いに贈った時計が、形見として飾ってあったそう。上島さんは時計のお礼として、有吉と一緒に酒を飲めるようにグラスを贈ることを計画していたと聞き、有吉は「損したな。欲しかったなあ。くれないんだもん」。

「元気出たつもりだったけど、まだちょっと早いね」と言い番組を進行した有吉は、上島さんの好きな中島みゆきの「ホームにて」などで追悼した。

最後は「さみしいですけど、古典落語になるくらいネタはあります。まだまだ感謝を伝えきれない。上島さんを忘れずお話ししていく」と締めた。

局への出入りの際は、報道陣への対応はなかった。

 

 

◆主な相談窓口

・いのちの電話

ナビダイヤル=0570・783・556(午前10時~午後10時)

フリーダイヤル=0120・783・556(午後4時~同9時。毎月10日は午前8時~11日午前8時)

・日本いのちの電話連盟 https://www.inochinodenwa.org/