NHK連続テレビ小説「ブギウギ」(月~土曜午前8時)の第105話が29日に放送された。

※以下ネタばれを含みます。

あらすじは、スズ子(趣里)のマネジャーを辞めるという山下(近藤芳正)は、新たなマネジャーとして自分のおいの柴本タケシ(三浦獠太)を連れてくる。初めは拒むスズ子だったが、どうしても辞めるという山下に押され、しぶしぶタケシをマネジャーとして受け入れることにする。翌日、スズ子はタケシを連れて、完成した新曲「買物ブギ」を受け取りに、羽鳥善一(草なぎ剛)を訪ねる。

タケシはスズ子につくが、頼りなさが露呈してしまう。スズ子がワンマンショーへ必死に稽古している最中も、居眠りしてしまう。

タケシ役の三浦獠太(26)はサッカーのカズ(三浦知良)の長男で、朝ドラ初出演。前日は背中だけ映り、この日が本格登場となった。

X(旧ツイッター)には「タケシの顔出し引っ張るな~」「山下さんの甥っこさんか」「カズの息子かー、なんとなく似てる」「やる気だけはあるたけし」「愛子は楽しそうよー」「タケシ、羽鳥先生の代役にw大丈夫かな?ww」「ああ指揮者の手配か、大丈夫かタケシ!?」「寝るな!www」「やっぱり買い物ブギに苦戦してるな」「柴本マネージャー、不安しかないでっせ」「見てる方も不安になる柴本のムーブ」「タケシ大丈夫か?」「絶対分かってなさそうなタケシ」「不安しかないマネージャー」「大丈夫かタケシ。あかんやつの匂いがする」「大野さん、山下さんパート泣ける…」「この二人の会話、せつないなあ」「はい、やらかしー」「タケシくん睡眠中…」などとコメントが並んだ。

同ドラマは109作目の朝ドラで、趣里が戦後の大スターで「ブギの女王」笠置シヅ子さんをモデルにした主人公鈴子を演じる。大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘が大阪・道頓堀にできた少女歌劇団へ。戦争の苦難を乗り越え、スターへと駆け上る姿を描くオリジナル作品。

主題歌の「ハッピー☆ブギ」は、ドラマの音楽担当でもある服部隆之氏が作詞・作曲。EGO-WRAPPIN’のボーカル・中納良恵、シンガー・ソングライターのさかいゆうと、趣里が歌唱。語りは「朝ドラ送り」で人気を集めた高瀬耕造アナウンサーが務める。