「第37回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に挑戦中の谷原七音(ななと)さん(20)が29日までに自身のインスタグラムを更新し、一部で報じられた、俳優谷原章介(51)の長男との報道を事実上認めた上で、芸能界デビューへ向けた思いを語った。

七音さんは、同コンテストにエントリーしたことが一部で報じられたことを受け、動画で「たくさんの温かいメッセージや応援のコメント、ありがとうございました。本当にうれしかったです」と、寄せられた声に感謝。「中には、生まれのことだったり親に関することだったり、いろんなDMとか質問も頂いたんですけど、そこは僕は当たり前のことだと思っていますし、僕は僕なので、これからも自分がやるべきことは何も変わらないのかなと思っています」と、谷原の息子であることを事実上認めた。続けて「まずはデビューするためにジュノングランプリ、頑張っているのでこれからも温かく見守っていただけたらうれしいです。気が向いたら応援してください」と呼びかけた。

七音さんはライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」のプロフィルで、「俳優をやっている父の影響でお芝居に興味を持ち、色々な作品を見ていく中で自分もこんな風に演じてみたいと強く思うようになり俳優を志しました」と記している。

6児の父である谷原は今月24日に放送された「人生最高レストラン」(土曜午後11時30分)に出演した際、家族構成についても話し、長男については「今年20歳になった子がいて、今年成人式。感慨深かったです」と笑顔を見せていた。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストは88年にスタートし、これまで武田真治、伊藤英明、小池徹平、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉らを輩出。若手俳優の登竜門として知られる。今回は今月23日に応募が締め切られ、エントリー審査、地方予選、人気投票をへて、今年11月24日にファイナリスト15人による最終選考会が予定されている。