櫻井翔主演の日本テレビ系連続ドラマ「新空港占拠」(土曜午後10時)の第8話が2日、放送され、世帯平均視聴率7・2%(関東地区、速報値)、個人視聴率4・5%だったことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。

第1話は世帯平均7・5%、個人4・6%、第2話は世帯平均7・5%、個人4・6%、第3話は世帯平均7・1%、個人4・2%、第4話は世帯平均5・1%、個人3・0%、第5話は世帯平均6・6%、個人3・9%、第6話は世帯平均5・4%、個人3・1%、第7話は世帯平均4・8%、個人2・8%と推移している。

昨年放送された「大病院占拠」の続編で、獣の仮面を被った武装集団に占拠された空港を舞台に、櫻井演じる主人公・武蔵三郎が人質の救出を試みるバトル・サスペンス。前回では敵が鬼の仮面をかぶっていたが、今作は獣の仮面を被っており、より危険な“けもの退治”に挑む。

▼第8話あらすじ

「お前の妻が1年前に犯した罪を明らかにしろ」-。獣から抜けて単独行動をとる鼠・大河(ジェシー)が、武蔵(櫻井翔)の妻・裕子(比嘉愛未)の首輪に時限爆弾を仕掛けた。時間内に武蔵が裕子の罪を突き止められなければ、裕子は爆死する…!さくら(ソニン)たち指揮本部は大河と裕子の居場所をすぐさま特定!武蔵は本庄(瀧内公美)を連れて急いで現場へ向かうが…!