AKB山内瑞葵が涙の初センター「震え止まらない」

  • AKB48の新シングルでセンターを務めることが発表され涙ながらに話す山内瑞葵(中央)(撮影・大友陽平)

AKB48山内瑞葵(18)が、AKB48の新シングル(タイトル未定、3月18日発売)で初センターを務めることが20日、東京ドームシティホールで行われた「AKB48グループリクエストアワーセットリストベスト50」内で発表された。

山内は16年にAKB48の16期生として加入。愛称は「ずっきー」。これまで3度選抜経験がある若手有望株。発表の瞬間は驚きで、その場でしゃがみこんで涙した。「本当に今の状況を理解できてなくて…。震えが止まらないんですけど、選ばれたからには全力で、前向きに、AKB48を楽しく見てもらえるように頑張りたいと思います」と話した。

16期生の公演をプロデュースしていた村山彩希は「ずっきーはパフォーマンスもすごいし、謙虚で認められてうれしい」と涙を流し、総監督の向井地美音(21)も「こうして努力が報われるグループで、AKB48って改めてすてきだと思います」と祝福した。

今回のシングルでは、山内をはじめ18人が選抜され、4月に卒業コンサートを控える峯岸みなみ(27)も7作ぶりに選抜復帰した。

選抜メンバーは次の通り。

岡田奈々、岡部麟、小栗有以、柏木由紀、久保怜音、須田亜香里、瀧野由美子、田中美久、福岡聖菜、本間日陽、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、山内瑞葵、横山由依、吉田朱里