「子連れ狼」主演の北大路欣也が小池一夫さん追悼

漫画「子連れ狼」原作者の小池一夫さんが17日、肺炎のため死去した。82歳。秋田県大仙市出身。小池さんのツイッターに19日、「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます」と記された。

故人の意向で葬儀は親族のみで執り行った。17日にはモンキー・パンチさんの死去を受け、ツイッターで「淋しくなるなあ」と追悼していた。

テレビ朝日系時代劇「子連れ狼」に主演し、拝一刀(おがみ・いっとう)を演じた北大路欣也(76)は所属事務所を通じ、「憧れの拝一刀役をいただいた時、小池先生は『欣也くんちょっと年とりすぎていないか?』と言われた私は『いえ、精神も肉体も今がベストです』と答えました。(当時59歳)スタッフ一丸となり、作品は“大成功”。先生とゴルフで競い合った時を昨日のことのように思い出します。感謝を込めて、合掌」とコメントした。