わーすた三品瑠香「実物見て実感」念願の初写真集

アイドルグループ、わーすたの三品瑠香(18)が19日、東京・福家書店新宿サブナード店で、ファースト写真集「EPHEMERAL(エフェメラル)」(徳間書店)発売記念イベントを開催した。

東京とグアムで撮影した。写真集発売の念願がかない、「実物を見て実感が湧きました」とうれしそうに話した。「はかない」「つかの間」という意味を持つタイトルは自分で命名し、「『はかない』を英語検索して見つけました」。17歳のうちに撮影したかったといい「女の子にとって大事な1年、つかの間の1年を写した写真集になっています」とアピールした。

研究生時代からの仲という、メンバーの小玉梨々華(18)も登場する。制服カットの撮影では、2人で原宿を歩き、クレープを食べ、カラオケを楽しんだ。「制服を着ることが少なかったので、憧れでした。素の自分で楽しめました」。水着カットにも挑戦し「くびれを作りたかったので、ずっとひねって運動していました」と笑った。

グループは15年に結成。「ザ・ワールド・スタンダード」の略で「わーすた」と名付けられた。これまでアジア、ヨーロッパなど9カ国でライブを行った。25日にはカナダ・トロントで行われるイベントに出演予定で、「行ったことがない大陸が少なくなってきたので、制覇したい」と笑顔。個人としては「モデルのお仕事を改めてしたいと思いました。大きなランウエーを歩きたい」と夢を語った。

その他の写真

  • ファースト写真集「EPHEMERAL」発売記念イベントを開催した三品瑠香(撮影・遠藤尚子)