ほら吹き漫才の横山たかしさん死去、やすしさん弟子

金ピカ衣装で「おぼっちゃま」キャラを貫き、赤いハンカチをかみ「すまんのぉ~」。ほら吹き漫才の第一人者、漫才師横山たかし(本名・山高孝=やまたか・たかし)さんが1日午前3時51分、多臓器不全のため、大阪市内の病院で亡くなっていたことが2日、分かった。70歳だった。昭和の上方演芸界を代表した漫才師、故横山やすしさんの弟子。

所属事務所によると、今年4月ごろに受けた検査の結果が芳しくなく、そのまま入院。体調が戻ることなく、亡くなったという。親族にみとられて、息を引き取った。

通夜は1日に、葬儀はこの日午前、たかしさん本人の強い意向で、すでに密葬として終えられた。事務所は「お別れ会を後日、営み集うべく検討している」とコメントし、場所は大阪市内で予定している。

たかしさんは昨年1月、腸腰筋膿瘍(ちょうようきんのうよう)の手術を受け、療養した後に、同5月の興行で車いすながら、舞台復帰していた。復帰後も、足や腰のリハビリを継続。親しい関係者によると、その後、再び腰の痛みなどを訴え、治療を続けたが、再起はならなかった。

最後の舞台は、昨年12月24日、大阪・阿倍野でのイベント出演だった。

たかしさんは48年10月6日、愛媛県生まれ。同じ愛媛県出身の相方横山ひろし(72)と68年にコンビを結成した。故やすしさんに師事し、駆け出し時代を「数えきれんぐらい殴られた」と振り返ったことも。当初は、たかしさんが女性を演じた「おかまどつき漫才」で個性を確立したが、後に路線を変更。たかしさんが「大金持ちのおぼっちゃま」「藤圭子が愛人や」などと、荒唐無稽なホラを吹くネタが受け、独特の漫才スタイルを築き上げた。

94年には、上方漫才の頂点「上方漫才大賞」を受賞するなど、しゃべくり芸を極め、松竹芸能所属のベテランコンビとして、舞台を中心に活躍してきた。

私生活では、夫人に逃げられたとネタにするなどして笑わせ、熱烈な阪神ファンとしても知られ、毎試合、テレビなどで観戦するのが「生きがい」とも話していた。

14年3月に、たかしさんは、ヘルニアをともなう腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症を発症し、約1年に及び活動を休止。リハビリを経ても、下半身の自由がきかず、後輩芸人からのアドバイスを受け、金ピカ衣装にちなみ、金色で統一した車いすにのり、漫才を再開していた。

復帰の舞台では、車いすについて「安倍総理がおぼっちゃまが苦しんどるから」手配してくれたと言い、「純金48億円の車いすや」。腰を痛めた原因は「38億円の純金衣装が重すぎた」などと、そのほら吹きぶりはさらにパワーアップ。ブランクを感じさせず爆笑を奪っていた。

その他の写真

  • B1角座の最終日の寄席に出演し、おなじみの赤いハンカチをかむ横山たかしさん(左)ひろし(08年5月31日 撮影・村上久美子)
  • 日刊スポーツ創刊60周年記念トークショー「生トライアングル」にも、熱烈な阪神ファンとして金ピカ衣装で登場した。右は酒井とおる(撮影・宮崎幸一)=10年1月19日撮影